ワンランク上の睡眠をお届け!サプリメントで睡眠力をアップ!

眠れない時の3つ原因と薬で解決してはいけない理由!プロが教える自然に寝る方法とは

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク







この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。睡眠薬を2年ほど使ってなかなか薬から抜け出せなかった綾瀬です。

10代の頃はスゥっと寝る事ができたのに、年を取るにつれて仕事のストレスや家事のストレス、人間関係のストレスでなかなか寝る事が難しくなってきますよね。しかもどんどん疲れがたまって顔にしわや目のクマができてしまい、知り合いや会社の同僚から「最近疲れているような顔をしているね」って言われませんか?

 

そんな時に色々試して、なんとか解決しようと色々試してどうにかしようと頑張った人も多いと思います。

例えば、

・ホットミルクを寝る前に飲んでみたり

・ストレッチやヨガを試してみたり

・アプリや音楽を使って寝れるように試してみたり

正直これだけやっても全くとは言いませんが、あまり効果は無いと思います。

なぜならあなたの身体は家事、育児、仕事、夫のストレスでセロトニンが大きく減少して休息スイッチが完全にOFFになっているからです。

 

「でもセロトニンだけで寝れるようになるの?」

はい、実はあなたの寝つきが悪い原因はセロトニンだけではありません。

もしセロトニンだけを増やして寝る事ができるのであれば、それは嘘です。

正しくは“セロトニン“+沢山の必須アミノ酸…です。

 

正直このセロトニンと休息に関係する必須アミノ酸だけであなたの睡眠は見違えるほどグッと変わります。

私も寝れなかった頃は睡眠薬だけに頼っていたのですが、セロトニンと必須アミノ酸を凝縮された濃厚なドリンクを飲んでだいぶ変わる事ができました。

 

ただ一つ注意が必要です。本当に寝つきをグッと変えるほどのセロトニンと必須アミノ酸を含んだ栄養を食事やサプリで摂るとなるとかなりの量が必要になります。

しかもサプリを摂るにしても、配合成分を偽って中身を薄めて効果を実感できるほどの量を配合していないサプリも多いのです。

本当にオススメできるものは数少ないのですが、唯一私が色々調べて、「これなら大丈夫」と勧める事ができるのがあるとすればマインドガードのような休息成分がギュっっっっと凝縮されているものぐらいですね。

 

このマインドガードには今もお世話になっていますし、私が睡眠薬から救われたドリンクです。もし寝れないと悩んでいるのであれば、とりあえず騙されたと思ってこのマインドガードを試してみてください。

「本当に寝るってこういう事なんだ」

必ずそう感じる睡眠を取る事ができますよ。

参考⇒「自然に寝るってこういう事なんだ」寝つきをグッと良くしてくれるマインドガードはこちら

起立性調節障害

寝れない時の3つの原因って何?これを読めばあなたの常識は崩れ落ちる

眠れない時ってなかなかイライラしますよね。

「最近、横になっても全然寝付けない」

「ベットに入って寝るのに1時間以上かかる」

「スマホで時間をつぶして余計に寝れなくなってしまう」

こんなことがずっと続いたら、余計に寝ようとして焦ってしまいませんか?

 

ではなぜそうなってしまうのか、原因を知っていればそこを改善し、治す事ができますよね。

そこで眠れない時にチェックしてほしい三つの原因について深く掘り下げていきます。

 

まず一つ目がストレスです。

あなたはストレスと睡眠がどう関係しているか知っていますか?

睡眠とストレスは切っても切れない関係なのです。

 

簡単に見ていきましょう。

睡眠をコントロールしているのはメラトニンという物質です。

一度はこのメラトニンを聞いた事もあるのではないでしょうか?

メラトニンは別名「天然の睡眠薬」とも言われて、入眠を促す効果があるのです。

つまり、寝れない時というのはこのメラトニンが不足しているからなのですね。

 

でこのメラトニンという物質、セロトニンを材料にして生み出されます。

しかしですよ。

セロトニンはストレスを受けると大きく減少してしまうのです。

 

まとめると、

ストレスを感じる⇒セロトニンが減ってしまう⇒「天然の睡眠薬」であるメラトニンが減ってしまう。

というわけなのです。

 

寝れない時はこのセロトニンが不足している可能性が高いので、セロトニンを増やす食事を意識してみてください。

具体的には豆腐や納豆などの大豆食品とチーズやヨーグルトなどの乳製品です。

 

二つ目を見ていきましょう。

二つ目の原因は寝具が合っていない可能性があります。

枕やマットレスがあなたの身体と相性が悪くて寝れていない可能性があるのです。

枕の高さが低すぎたり、高すぎる時やマットレスが固すぎてぐっすり寝れない時もあります。

驚くことに、マットレスを変えただけでぐっすり寝る事ができた人も結構いるんですよね。

ただ眠れない人がマットレスだけで寝れるようになるほど良いものを選ぶ場合、かなりの金額になります。

それこそ3万円~4万円ほどの金額になってしまうので寝具で寝つきを改善するのはおすすめできませんね。

 

三つ目は加齢による影響です。

特に気を付けてほしいのが20代後半~50代の女性なんです。

女性の場合は、睡眠をコントロールするホルモンの中にエストロゲンというものが存在します。

女性ホルモンとしても、このエストロゲンは有名なので知っている方も多いのではないでしょうか。

エストロゲンが減ってしまうと、寝つきが悪くなり、熟眠度まで大きく下がってしまいます。

これを更年期という風に世間では言われているのですよね。

 

更年期と言うと30代後半から40代になる症状だと言われていますが、最近の女性は20代後半からもその症状が現れるので気を付けてください。

眠れない事を睡眠薬で解決してはいけない理由!私と同じ道を歩みますか?

さてここまで、3つの原因について見ていきましたがこの寝れない状態を手っ取り早く解決するには睡眠薬が一番です。

というのも私自身、不眠症になって寝れない時を睡眠薬で克服していたことがあります。

しかもその期間は2年間です。

ちょっと寝つきが治れば、すぐにでも睡眠薬を飲むのを止めようと思っていたのに気づけば2年もかかっていたのです。

 

身体的にも精神的にもすっかり睡眠薬に依存してどんどん飲む量が増えていって、しまいには強い薬に手を出す人も中にはいます。

寝れないという事はかなりつらいですし、それを実際に経験している私も痛いほどわかりますが睡眠薬で安易に治すという事はできればやめてほしいです。

 

じゃないと取り返しのつかないことになってしまいますからね。

プロが教える「自然に寝る」為に大事な事とは?

「でもどうしても寝れないんです」

「ベットに入っても1時間は起きたままで辛いのでどうにかしてください」

と睡眠薬を使わなきゃどうしようもないぐらい、追い込まれている人もいますよね。ホットミルクを毎日飲んでいるのに全然効果が出なかったり、毎朝ぐったりとしながら起きて、鏡を見るたびに目のクマやほうれい線が目立ってくるようになって何も手に付かなくなるほど追い込まれてしまいませんか?

 

どうしても、どうしても寝る事ができないのであれば応急処置として睡眠薬を使ってみてください。

「え、でも睡眠薬は使わない方が良いって言ってたじゃん」

そうです。睡眠薬だけを使うのはダメです。

なぜなら使い続けることにより依存し続けてしまうからです。

実際に不眠症に陥り、睡眠薬を使った事のある私もずいぶん長い間睡眠薬に依存し続けてしまいました。

 

そんな時に、睡眠薬を使わないでどうやって寝れない状態を治す事ができるのか調べた結果、見つけたのがマインドガードだったのです。

睡眠薬に依存していた私はマインドガードと一緒に使うことによって少しずつですが、睡眠薬から離れる事ができました。

自然に寝るってこういう事!マインドガードが数少ないサプリの中でおすすめできる唯一のサプリ?

マインドガードは天然ハーブをギュッと凝縮させてふんだんに盛り込んだ休息ドリンクです。

その中に含まれているものは、沖縄で「やすみ草」とまで言われて眠れない子供にもよく食べさせていたクワンソウ「神様からの贈り物」とまで呼ばれていて150種類を超える栄養素を含むノニを配合しています。

ノニは天然の睡眠薬であるメラトニンの材料になるセロトニンも配合しているので睡眠との相性もばっちりです。

「モリンダシトリフォリア」、別名ノニと言われる植物。その効果はまるで万能薬のようで、睡眠に影響を与えるセロトニンの増加からアンチエイジングに効果のあるポリフェノール、身体のむくみを取り除くミネラル類、ダイエット効果のある成分も含まれています。まさに女性にとって奇跡としか言いようがない究極のハーブです。

「クワンソウ」、別名やすみ草とまで言われる睡眠と相性抜群のハーブ。このクワンソウはマインドガードの中には一杯、1000mgも配合されています。クワンソウ自体は他のサプリにも含まれていることが多いのですが、その配合量を明記しているサプリはほとんどありません。つまりちょっとしか配合していない可能性が高いんですよね。その点マインドガードは沢山配合しているので睡眠にもばっちり効果があります。

 

これ以外にも眠れないあなたをぐっすりと自然な睡眠に吸い込むように沢山の必須アミノ酸を配合しています。

それもちゃんと理由があるから、バランスよく配合しているんですよね。

その理由って…

休息サプリの中にはこの必須アミノ酸をバランスよく配合していないものもあります。

例えば睡眠サプリの中で一番売れているグリナのようなサプリですね。

※グリナとは…睡眠サプリの中で一番売れているサプリ。売り上げ数150万個以上を誇る売れ筋のサプリだが、アットコスメでの満足度はそれほど高くない。星7個中2.4と評価はかなり悪い。

サプリと聞くとどうしても印象が悪いのは、こういった効果の無いサプリが圧倒的に売れているからです。なぜ売れているのか。それはお金を使ってCMや広告でばんばん露出を増やして知名度を上げているからですね。

グリナに含まれる成分はグリシンという必須アミノ酸が一つだけ入っているだけですので、当然効果はありません。

その反面、マインドガードは寝れないで悩んでいるあなたの睡眠をグッと引き上げる必須アミノ酸やハーブが沢山凝縮されています。

こういった偽物の睡眠サプリに騙されるのではなく、きちんと効果のあるサプリを使って寝つきを改善してみてください。

マインドガードのデメリット!効かないって本当なの?

マインドガードは寝れないと悩む、あなたの睡眠を変えてくれる休息ドリンクです。

それどころか、美容にもこだわった成分がたくさん含まれているので、

・むくみやダイエットにも効果があったり

・アンチエイジング対策にも一役買ってくれ、

・ストレスを和らげるセロトニンを増やしてくれる

まさに女性にうってつけのサプリなのです。

 

ですがそんなマインドガードも寝れないと悩むあなたの睡眠を急激に変えてくれるわけではありません。

少し時間がかかるサプリなんですよね。

マインドガードは睡眠薬ではないので飲んだ初日から寝れるようにしてくれるサプリではないのです。

 

ですがだからこそ信用できるサプリとも言えます。

例えばダイエットサプリで比較してみましょう。

「1日で2キロ痩せる」と書かれたダイエットサプリと

「1か月で2キロ痩せる」と書かれたダイエットサプリなら

あなたはどちらが安心できると思いますか?

 

きっと1日で痩せるダイエットサプリは骨でも溶かすのかもしれません笑

マインドガードも飲み続けることによって個人的な感覚ですが1か月前後で寝つきがスゥっと良くなり、起きた後もスッキリとするような感覚になりました。

 

即効性はないですけど、

徐々に

確実に

安全に

あなたの睡眠を底上げしてくれるのです。

だからこそ、試してほしいサプリなんですよね。

 

だからこそデメリットとしては即効性に欠けるという点があります。

もし今すぐに寝れないという状態を解決したいのであれば、睡眠薬と一緒にマインドガードを使ってみてください。

そしてマインドガードで睡眠の質が最大限高まった状態で睡眠薬の服用を止めるようにしましょう。

そうすると睡眠薬の依存症というデメリットとマインドガードの即効性というデメリットを克服しながら寝れないという状態を解決する事ができます。

もしそれでも信用できないのであれば、あなたの目でマインドガードの公式ホームページをチェックしてみてください。

必ず今までの常識を覆してくれますよ!

参考⇒「自然に寝るってこういう事なんだ」寝つきをグッと良くしてくれるマインドガードはこちら

起立性調節障害

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ワンランク上の睡眠を|LoveSleep , 2018 All Rights Reserved.