ワンランク上の睡眠をお届け!サプリメントで睡眠力をアップ!

睡眠時間の理想を3つのデータから暴露!年齢別にまとめた究極の情報とは?

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク







この記事を書いている人 - WRITER -

理想の睡眠時間ってどれぐらいなのかわからない永遠のテーマですよね。

 

ある本では6時間が良いと言っているのに対し、ある本では8時間寝た方が良いなんて書かれていてどれを信じたらいいのかわかりません。

 

「一体何時間寝れば良いの?」

 

と聞かれ、

 

「はい、その時間は〇〇です。」

 

と答えらえるような何か信用できるデータを知りたいと思いませんか?

 

もし、理想の睡眠時間を知る事ができれば、

 

・日中眠たくなってしまう事が多いので、仕事に集中できるようにしたい

・大事な会議や仕事でいつもぼうっとしてしまう。もっとぐっすり寝てバリバリ仕事がしたい

・同僚のライバルに差をつける為、理想の睡眠時間を知って仕事のパフォーマンスを上げたい

 

 

こういう風な悩みを解決して自分の理想の生活を送る事ができます。

その為にも、自分の為の睡眠時間を知って役立てください。

 

それでは早速見ていきましょう。

睡眠時間の理想を3つのデータから暴露!年齢別の情報もピックアップ

理想の睡眠時間を知りたい理由は人それぞれだと思います。

 

「ライバルに仕事や学業で差をつける為、集中力や想像力を最大限発揮したい」という人や「仕事でぼうっとしてしまう事が多いので、とっても辛い、少しでも眠気が来るのを抑えたい」という方、そして「バリバリ仕事をして活躍しながら昇進をしたい、そして年収をグッと引き上げたい」と目論む方も。

 

もし理想の睡眠時間を知らないまま仕事や学業、家事をしている場合に睡眠自体が十分ではないのでストレスや疲れが十分に取れず、ぐっすり寝れないことによって日中の眠気にもつながってしまいます。

 

しいてはそれが集中力や創造力の低下にもつながってくると思いませんか?

 

そんな大事な睡眠を疎かにすることはとても大きな損失になりますよね。

 

なので最大限集中力や創造力を高め、日中の眠気を抑えるために理想の睡眠時間はぜひとも知っておいてほしいのです。

 

そこで理想の睡眠時間を知るうえでまず知っておいてほしいのが、睡眠の研究をしている人たちの意見です。

 

まず睡眠の研究の第一人者Daniel Kripke教授による最新の研究によると 、「一日の中で6時間半~7時間半の睡眠を取っている人たちが、最も長生きできていて、幸福度も高く、パフォーマンスも高い」ことが判明しています。

 

これに対して日本の厚生労働省はどういう見解を示しているかというと、

 

10代後半から25歳までは7時間

25歳~45歳までは6時間半

45歳~65歳までは6時間

 

とおおよそそこまで数値が変わる事のないデータを公表していますね。

 

さらにこの討論に関して、イギリスの研究では6時間と7時間の睡眠を比較したときに6時間の方が脳の老化が2倍速いという事が分かりました。

 

この事から、基本的には6時間睡眠は短いという事。

そして8時間睡眠も長すぎるという事で、その間の7時間前後が理想の睡眠時間と言えるのではないでしょうか?

理想の睡眠時間なんて無い!?大事なのは時間ではなく〇〇!

ただそうはいってもなかなかこれだけの睡眠時間を取るのが難しかったり、あるいはその通りに寝ているのに疲れが取れない人って多いですよね。

 

 

「今日も身体がぐったりと重い…毎日しんどいな」

「仕事や家事がなかなかはかどらないし集中できない、もっと頑張れればいいのに」

「全然寝れていないような感じがする、もっと睡眠時間を増やした方が良いのかな…」

 

7時間睡眠を取っているにも関わらず、ぐっすりと寝る事も疲れがちゃんと取れる事も少なくありません。

 

私も6時間寝て身体が眠たかった時もありますし、

7時間睡眠でもうちょっと寝ないと疲れが取れないなと思った事もあります。

8時間睡眠の時は、逆に体が重くてなかなか起きるのが大変だなと常に感じていました。

 

「もしかして理想の睡眠時間を知るだけでは十分休息できないんじゃないかな?」

 

実はそうなんですよね。

 

理想の睡眠時間は人によって大きく変わってくるし、

 

もっと大事なのは睡眠「時間」ではなく睡眠の「質」なんです。

 

どれだけの時間を追求したとしてもどれだけ深い睡眠をするのかによって大きく異なってきます。

 

時間に惑わされるのではなくて、もっともっとぐっすり寝れる事やスッキリと目が覚めるための睡眠にも目を向けていくと生活ががらりと変わってきますよ!

あなただけの理想の睡眠時間を追求し、同時に睡眠の質も高める究極の方法とは

じゃあ、ぐっすり寝てすっきりと目が覚めるような理想の睡眠を取るにはどうすれば良いのでしょうか?

 

できれば睡眠時間も追及していきたいですよね。

 

そこでまずこの理想の睡眠「時間」と理想の睡眠の「質」を追求する為の条件を3つに絞っていきました。

 

・快適に目が覚める時間

・かつ日中にあまり眠くならない

・疲れやストレスが十分に休息できている事

 

これら3つを追求すれば時間も質も追及できていますよね。

 

それぞれ検討してみましょう。

スッキリと目が覚める時間を調べるには、これが最強

快適に目が覚めるには「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」がカギを握ります。

 

・レム睡眠→浅い眠り

・ノンレム睡眠→深い眠り

 

眠りにつくとまず最初に深い睡眠のレム睡眠が来て、次に浅い睡眠のノンレム睡眠へと移行します。

通常、私たちはこの二つの周期を90分かけて繰り返します。

 

快眠に目が覚めるにはこの浅い睡眠である、レム睡眠の時に起きる必要があるのです。

 

ただ中にはこのタイミングで起きる事が難しい場合があります。

 

その時に確実に浅い睡眠であるレム睡眠で目が覚めるようにするには「Sleep Meister」というアプリを使うとおすすめですよ。

 

 

アプリをインストールして枕元にiPhoneを置いとくだけで、自分の睡眠時間や眠りの深さを計測し、そして設定した時間の中から一番眠りが浅い時に起こしてくれるのがこのアプリの特徴です。

 

起床時間の設定について詳しく見ていきましょう。

 

起きたい時間を設定すると、その時間~30分前の段階で一番浅い睡眠の時に起こしてくれるのですがちょっとわかりにくいですよね。

 

例えば起きたい時間が朝の8時ぐらいで、その時間に設定するとそれよりも30分前の段階の7時半~8時の中で一番浅い時間の時に、6時に設定すると5時半~6時の中で浅い眠りの時間の時に起こしてくれるのです。

 

これによって最も目覚めやすいタイミングでの起床が可能となり、快適な快眠が可能になるんです。

 

そして目覚めやすいタイミングでの起床は、朝のだるさを吹き飛ばしその後の活動がスムーズになる事に繋がります。

 

この時間に起きるからこれぐらいの時間寝たいなと思った時に、ある程度睡眠時間を予測しますよね。

でもうっかり寝すぎてしまったり、逆に早く起きてしまったりします。

 

このアプリはその中で理想の起きる時間を教えてくれるので理想の睡眠時間につなげることができるのです。

 

ぜひこのアプリを使って、理想の睡眠時間を追求してみてください。

日中に眠くならない、疲れやストレスが解消される為のぐっすりした睡眠を取るには

日中に眠くならない、あるいは疲れやストレスを解消するのに大事な事は睡眠のストレスを無くし質を上げる事です。

 

睡眠時のストレスって少しわかりにくいですよね。

 

簡単に言うと、

 

・寝つくのに時間がかかる

・寝ている途中で目が覚める

 

例えば寝つくのに30分以上かかってしまう場合と5分~15分ですんなりと寝れる場合なら明らかに2番目の方がストレスが無いですし、睡眠の質が高いですよね。

 

また夜中や早朝に何回も目が覚めてしまうのもストレスになって、睡眠の質が低いです。

 

結果的にこれらの睡眠のストレスは睡眠自体が浅いので十分に休息ができておらず、疲れやストレスだったり日中の眠気にもつながってきます。

 

ではこの睡眠のストレスを無くしてぐっすり眠るためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

それは日中のストレスをできるだけ解放してあげる事です。

 

・仕事でのストレス

・家事や育児でのストレス

・人間関係でのストレス

・満員電車や天気(雨や暑さ、寒さ)のストレス

 

などなど私たちは知らず知らずのうちに、色んなストレスを受けています。

そしてこのストレスが私たちの睡眠の質を大きく下げてしまうのです。

簡単に説明すると、人間には覚醒を促すスイッチ(交感神経の事)と休息を促すスイッチ(副交感神経の事)があるのですが、二つはシーソーのようになっていて片方が活発になるともう片方は穏やかになるのです。ストレスはこの覚醒を促すスイッチを活発にさせてしまうので睡眠の質を大きく下げてしまいます。

 

だからこそ日中のストレスを思う存分解消してあげる事がとっても大事なんですよね。

 

具体的な方法としては、

 

大きな声で笑うのがおすすめです。

笑う事でガン細胞が減少するほど健康にいいと言われますが、休息スイッチを入れる効果もあるのでとってもおすすめなんですよね。

 

散歩が好きな人は散歩もおすすめできます。

 

この散歩にも休息スイッチを入れる効果があり、ストレスを緩和してくれる効果があるので散歩が苦ではない人は積極的に取り入れてみましょう。

 

もっと手軽に睡眠の質を高めてグッと睡眠を深くするにはグッドナイトもおすすめです。

 

睡眠サプリですと、「グリナ」のような150万人に使用されているにも関わらず配合成分があまり多くなくて効果を実感できていない人が多いサプリもあります。

 

しかしグッドナイトはアットコスメでの口コミでの評判の高さ、そしてグリナよりも豊富な成分と配合量の多さがとても優秀なサプリです。

 

配合成分が微量で効果が実感できていない睡眠サプリが多い中、数少ないおすすめする事ができるサプリがこのグッドナイトだけなんですよね。

グリナの闇とグッドナイトの真実!あなたは数字に騙されている?

「睡眠サプリって睡眠薬の劣化版でしょ」

「医者が使っても意味がないから止めといた方が良いって言ってた」

「前にも睡眠サプリを使った事があるけど効果が無くて使わなくなった」

 

グッドナイトは睡眠薬ではなく、睡眠サプリです。

ですが睡眠サプリと聞くと、こういう風に疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

 

特に疑問に思うのが、

 

「本当に効果があるの?」

 

という面ですよね。

 

例えば先ほどの「グリナ」というサプリを例にしてみていきましょう。

 

こんなこと言うとグリナの関係者に怒られてしまうのであまり大きな声で言えないのですが、グリナの公式ホームページを見てみると、

 

「愛用者150万人突破」

「睡眠サプリ売上No.1」

 

というデータが大きくのっています。

 

でも詳しく調べてみると、まず睡眠に関係する配合成分はグリシンだけしか配合されていません。

 

グリシンは睡眠の質を高めるためのアミノ酸なのですがその量も3000mg配合されているだけです。

 

 

それに対して「グッドナイト」はどうかというと、

 

・値段がグリナよりも安いにも関わらず

・同じグリシンを7380mgと2倍以上も配合し

・さらに抗うつ剤と同等の効果を持ちながら副作用が報告されていないラフマを配合し

・寝つきやぐっすり寝る時に妨げとなる成分の過剰分泌を抑えるGABAを配合しています。

 

これだけ見れば圧倒的にグッドナイトの方が凄いですよね。

 

事実アットコスメという美容系、健康系の口コミサイトを見てみると….

 

・グリナの評価→星7個中5個以上の満足度を感じた人の割合25%(80人中20人)

・グッドナイトの評価→星7個中5個以上の満足度を感じた人の割合77%(73人中56人)

 

グリナのヤバさはひとまず置いといて(笑)

 

グッドナイトの会社が作った数字ではなく、他社が管理している使用者の口コミサイトで8割近くの人が効果を実感しているのなら信用できますよね。

 

でも一つだけ疑問が…

 

「じゃあなんでグリナの方が売れているの?」

数値のからくりに騙される日本人

「そうはいってもグリナの方が売れてるじゃん」

「グリナよりも劣っているから使えないんじゃないの?」

 

見かけ上の数値では確かにグリナの方が売れていますね。

しかしそこには数値のからくりが隠されています。

 

・グリナは2005年から発売され

・CMを使って知名度を圧倒的に高めている

 

優れた商品が必ずしも売れるわけではありません。

 

例えそこまで売れなくてもCMや作戦をうまく考えれば商品の質が劣っていてもたくさん売る事ができるのです。

 

日本一のハンバーガーショップ「マクドナルド」

 

彼らよりもおいしいハンバーガーショップはありますが、彼らが日本で一番です。

 

それは圧倒的に安くて、死ぬほどおいしいわけではないですよね(めっちゃ失礼ですが)

 

そして売上ランキングでも昔から販売されている商品であれば、後から発売された商品よりも必然的に知名度が高く売れている数も多くなります。

 

たくさん売れている=だから良い商品

 

ではないのです。

 

この様に睡眠サプリの中には効果が薄いのに売れている商品もあります(むしろその割合の方が多い)

でも中にはアットコスメでちゃんと効果が証明され、グッドナイトのような質の高いサプリもあるのです。

 

でも本当はグッドナイトじゃなくてもいいんですよね。

 

毎日仕事や家事でたくさん笑う機会があるのであれば、

仕事や家事が楽しくて仕方が無いのであれば、

こういったサプリに頼る必要もないです。

 

サプリを使うにしてもこのサプリじゃなくて、他のサプリでも良いのですが…

実際の所、本当に効果があるものは数が限られています。

 

もし手軽に睡眠の質を高めて、

かつ仕事でバリバリ集中して、

年収も今よりグッと上げて、

そして今よりも集中力や想像力を発揮し、

どんどん昇進して仕事が任されるようになりたいのであれば、

 

グッドナイトのような本当に効果があるものを使ってみてください。

参考⇒売上No.1に輝くサプリよりも優れていて、あなたの睡眠をグッと引き上げるグッドナイト
グッドナイト 夜

世界が認めた方法だからこそ試す価値がある!周りを置いてけぼりにする為に

「睡眠サプリは胡散臭い」

「どうせ効かないんでしょう」

 

どうでしょうか?

そうずっと思っていた人たちのサプリに対する見た目を少しでも変えて、理想の睡眠を追求するきっかけになってくれたらとっても嬉しいです。

 

グッドナイトは睡眠薬と違って依存性や副作用もないですし、何より世界の専門家からその安全性と品質の圧倒的な高さも証明されています。

 

 

※モンドセレクションとは大学教授や世界的に有名な栄養学者、栄養士など70名以上の著名な専門家が「衛星」「原材料」「消費者向けに表示されている情報」「使用されている成分」「パッケージの真実性が正しいか」を調査して優秀な商品を表彰する期間の事です。

 

 

安全性と品質の高さはグッドナイトほど保証されているものはないので、毎日ずっと使い続ける事ができます。

 

だからこそ徐々にですが睡眠の質を高めて、最終的にはストレスも睡眠の悩みも解決されて、

 

・毎朝スッキリと目が覚めて

・夜もぐっすりと寝る事ができて

・バリバリと仕事に集中できて

・今まで発揮したことが無いぐらいの創造性を

 

発揮する事ができるのです。

 

さらにこの記事で触れたもの以外の成分もグッドナイトには含まれているので、もっと詳しい情報を知りたいからは公式ホームページをチェックしてみてください。

 

きっと今日からあなたが変わるきっかけになり、色んな学びになる機会になりますよ!

参考⇒世界の専門家たちから認められ圧倒的な質を誇るグッドナイト

まとめ

・理想の睡眠時間は年齢によって違う

・理想の睡眠を追求するにはアプリやサプリも使ってみる

・でもサプリの中には使えないものも多いので気を付ける

 

理想の睡眠時間を追求するのに昔ならアプリやサプリなんて出てきませんでしたよね。

 

でも今はよりその睡眠時間を追求しやすい環境になっているのですから使わない手はないです。

 

これからもっと色んなアイテムが出てきて、サプリ自体も進化を遂げていくので注目していくとライバルに差をつけれますよ。

 

色んな方法を試してぜひ自分だけの理想の睡眠を追求して見てください。

グッドナイト 夜

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ワンランク上の睡眠を|LoveSleep , 2017 All Rights Reserved.